スクリーン演出

ストレッチフォルムの生地にプロジェクターの映像を投影し、スクリーンとして使うことができます。
生地の種類によって、フロント投影やリア投影も可能ですので様々な状況に対応ができます。
特に、反射率に優れたシェードストレッチや透過性のあるスクリーンを実現できるストレッチフォルムNETは、これからの映像演出に対応した次世代スクリーンとしてご活用いただけます。

スクリーン演出の事例写真

多様なスクリーンサイズの対応

ストレッチフォルムはご希望のサイズでスクリーンの製作が可能です。
大型のスクリーンを製作する場合はジョイント縫製を施しますが、ジョイント部が目立つことはありません。(右の写真をクリックしてご確認ください)

シェードストレッチによる次世代スクリーン

シェードストレッチはストレッチフォルム生地の中で反射率が一番優れている商品です。(フロント投影のみ対応)

右のグラフは、表面にシェードストレッチ、裏地にストレッチフォルムKブラックを使用したスクリーンの反射率を計測した参考データです。
近年ではこの優れた反射率を活かし、スクリーンとして採用いただいているお客様も多数いらっしゃいます。
また、折りたたんでの運び出しが可能となっておりますので、繰り返しご利用いただくこともできます。

用途紹介
造形
環境造作
スクリーン演出
ライティング演出

お問い合わせ・資料請求

お見積もり